0DT086_L

雨にあでやかな紫陽花

2014年3月25日

花の色がよく変わることから、「七変化」「八仙花」とも呼ばれる[8][9]。

0DT027_L

ブーケに

2014年3月25日

チューリップには後述のチューリップ相場に代表されるように多様な園芸品種が存在する。外観は、花弁の先端が丸いもの・尖ったもの。チューリップの花を上から覗くと、花弁の根元に青い部分が存在する。その部分には青い色素がみられ、その青い部分を増やすことで青いチューリップを作る研究がされている。

0DT082_L

ピンクのチューリップ

2014年3月25日

チューリップには後述のチューリップ相場に代表されるように多様な園芸品種が存在する。

0DT039_L

赤とピンク

2014年3月25日

赤という基本色名には、多くの固有色名が含まれる。比較的橙色に近いものから、 紫に近い色合いのものまで、また広くは茶色なども赤と総称される。茜色やカーマイン、アッシュローズ等も赤の範疇である。また、明るく彩度の低い桃色やピンクなども赤の一種と捉えられることが多い。

0DT079_L

清楚で豪華

2014年3月25日

西洋で白は黒と対にして「善」「純潔」「清廉」などの好いイメージを与えられる。伝統的に天使は白衣をまとって表現され、結婚式の花嫁は白いウェディングドレスを着る。善事の為の魔術を白魔術といい。無実・無罪を日本語で俗に白(シロ)というが[3]、これは英語の“white”が無実を意味する語であり、それが警察の隠語として使われていたのが、一般化して広まった。ブラックリストの対語であるホワイトリストもある。

0DT032_L
0DT085_L

チューリップのゴージャスな赤

2014年3月25日

英語版のタイトル『Like Water for Chocolate(チョコレートのための水のように)』はスペイン語の原題『como agua para chocolate 』の直訳であるが、原作者であるラウラ・エスキヴェルにインスピレーションを与えたメキシコの慣用句である。

0DT022_L

白い薔薇の花束

2014年3月25日

英語版のタイトル『Like Water for Chocolate(チョコレートのための水のように)』はスペイン語の原題『como agua para chocolate 』の直訳であるが、原作者であるラウラ・エスキヴェルにインスピレーションを与えたメキシコの慣用句である。

0DT029_L

赤い薔薇ソースの伝説

2014年3月22日

英語版のタイトル『Like Water for Chocolate(チョコレートのための水のように)』はスペイン語の原題『como agua para chocolate 』の直訳であるが、原作者であるラウラ・エスキヴェルにインスピレーションを与えたメキシコの慣用句である。メキシコのようなラテンアメリカのいくつかの国ではホット・チョコレートを作るのに牛乳の代わりに水で作ることができる。お湯にミルク・チョコレートを入れて溶かすとホット・チョコレートとなる。これを情熱あるいは激怒している状態、稀に性的興奮状態などを表すこともある。またこのフレーズは何かについて「完璧」であることを示すこともある。